FC2ブログ

Entries

フジミ 1/20 Ferrari 150°Italia 制作1

フジミのフェラーリ150のキットの制作を始めました。フェラーリ150は始めフェラーリF150という名前にする予定だったのですが、フォードが既にF-150という名前を商標登録していたため、シーズン開始直前に急遽150という名前に変更したという経緯があります。ちなみにこの150という数字は、イタリア統一150週年だったため、それにちなんで付けたそうです。
Ferrari150_01.jpg

まずはボディまわりを基本色である赤で塗装。今回はクレオスの158版スーパーイタリアンレッドを使用しました。形状的な特徴としては、前年のF10で装備されていたFダクトがレギュレーションにより禁止され、リアウィングまで伸びたシャークフィンが消滅、F60までと同じような普通のフィンに置き換えられました。また、F10にあったようなダブルディフューザー構造もなくなったため、エンジンの取り付け角度は水平に戻されています。その代わり、排気管がアンダートレーの下側に伸びるように変更されています。
Ferrari150_02.jpg

ウィングはレース毎に更新されるものですが、特に近年のものはサイドフィンがどんどん増設され、複雑化の一途をたどっています。この150も同様にF10と比べるとサイドフィンが増設されています。
Ferrari150_03.jpg

エンジンはF10と全く同じものです。排気パイプのみ更新されています。実車のフェラーリのエンジンも開発が停止されており、一部のソフトウェアと点火プラグのような交換パーツが変更されている程度のようです。エンジンそのものは開発が停止されてますが、KERS(運動エネルギー回収システム)は更新されており、これの制御関係で更新されているようですね。
KERSについて詳しく触れてませんでしたが、近年のF1もエコ志向のようなものがあって、減速時のエネルギーを蓄え、加速時に開放するというエコカーのようなものが載っています。内部は3つのフライホイールから構成され、減速・加速時はエンジンとこれを接続する数を変えることによって、減速時はフライホイールを回して速度を回転エネルギーに替え、加速時にはこれの逆を行うそうです。
さらに、ある程度回転数が安定してる時は発電を行いバッテリーに蓄電、加速時に減った回転エネルギーを補う形で蓄電した電気からフライホイールを回転させる構成になっているようです。
なぜこのような複雑な構造になっているかというと、蓄電機の蓄電限界のせいですね。蓄電機とは言え単位時間あたりに充放電できる電流量はある程度決まっていて、それを超えた充放電を行おうとすると蓄電機にダメージを与えるおそれがあります。これを抑えるためフライホイールをバッファに使っているわけですね。レースカーならではの工夫とも言えます。
Ferrari150_04.jpg

塗装済みのサイドカウル。今回サイドカウルは赤で塗装する箇所と黒(おそらく実車ではカーボン地が露出している)がワケられて居ます。このためマスクが用意されてるのですが、マスク自体はインストに型紙として用意されているだけなので、ユーザーがそれに合わせたマスクを作らないといけないんですね。
で、普通の紙を元にマスクを制作したのですが、ちょっぴり隙間が空いていたようで、境界が曖昧になってしまいました。しっかり密着できるマスクテープで作ったほうがよかったかもしれませんね。
遠目ではそこまで目立たないので気にしないことにします(ぇー
Ferrari150_05.jpg


関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

tag : 1/20 F1 模型 プラモデル フェラーリ 150Italia フジミ

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://junropack.blog.fc2.com/tb.php/70-6929fdf4

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

アクセスカウンター

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

JUNRO

Author:JUNRO
ゆっくり作っていきます。割りと気がつかない性分なので何か気がついたら「こうしたらいいよ!」的なのコメントしてください。

ギャラリー

tomcat_f14a_banner01.jpg

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する