FC2ブログ

Entries

フジミ 1/20 Ferrari F10 制作 1

今回作成しますのはこちら、フェラーリの2010年モデル、F10。今回のはイタリア戦に出たモデルとなります。
F10は初期のものだとF60と同じくサイドミラーがサイドポンツーンから保持されてますが、中盤からこのモデルのようにコクピットから保持される形になり(安全面上から、FIAによって規制された。ミラーが見えてないのではないかという指摘)、また、F10は開幕戦時からRB-6と同じようなFダクトを装備しています。Fダクトの操作方法は肘でなく手の甲で塞ぐ形のよう。
ferrariF10_01.jpg

早速ベース塗装。ボディまわりはいつものフェラーリレッドだが、ウィングは白という昔ながらのフェラーリの配色。2000年台の機体ではウィングも赤だったのだけど、2010年台からはウィングを白という1990年台さながらの配色に戻した様子です。
赤はガイアカラー003番ブライトレッドを使用。白はクレオスのGX1番クールホワイト、黒はクレオスの92番セミグロスブラックとなります。今回ブライトレッドを塗装するに当たり、下塗りにクールホワイトで塗装しています。
ちなみに色分け用のラインは特にマスクが用意されてるわけでもないのでインストや完成図や実機の写真を参考に根性でライン分けしています。なので実際のラインより高い・低いなどがあるかもですがご勘弁してください><
ferrariF10_02.jpg

ferrariF10_03.jpg

モノコックコクピットまわり。エンジン吸気ダクトのカバーは二分割式で、接着した後合わせ目消しをしています。今回は割りと上手くいきました。
ただし、前側に支柱部分があり、磨くのがやや難しいです。今回はそのままにしておいてヤスリがけしましたが、いっそのこと支柱を切り取って、後付けで支柱をプラ棒や金属線にしたものにとりかえたほうがいいかもしれませんね。
ferrariF10_06.jpg
ferrariF10_04.jpg

ノーズまわり。ウィングは分割数が増えてるため接着などで見えなくなるところから伸びるゲートは切り離さず、ランナーごと塗装してしまっています。裏面はセミグロスブラックで塗装。
ノーズは上面がやや沿っていて、RB6(前年のRB5も)の影響を受けてることが伺えますね。
ferrariF10_05.jpg

ボディを後ろから。エンジン~ミッションまわりはユニットごとに接着・作成済み。吸気ダクトとエアタンクは未接着。F10のエンジン~ミッションまわりはディフューザーの空間を確保するために斜めに配置されていて、ミッションはさらに後ろ側が跳ね上がる形状になっています。
ferrariF10_07.jpg

エンジンやミッションをユニット単位に分けた状態。エンジンの排気パイプはSM08番メッキシルバーNEXTで塗装後、49番クリアオレンジと50番クリアブルーでグラデーション付け。焼き付けによる色の変化を表現しました。とはいえ、完成するとパイプ先端しか見えませんが。
ferrariF10_08.jpg
ferrariF10_09.jpg
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

tag : 1/20 F1 模型 プラモデル フェラーリ F10 フジミ

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://junropack.blog.fc2.com/tb.php/41-86a842dd

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

アクセスカウンター

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

JUNRO

Author:JUNRO
ゆっくり作っていきます。割りと気がつかない性分なので何か気がついたら「こうしたらいいよ!」的なのコメントしてください。

ギャラリー

tomcat_f14a_banner01.jpg

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する