FC2ブログ

Entries

1/6 T's system 初音ミク スイムウェアG 制作2

初音ミク スイムウェア制作続きです。
紙やすりでガシガシパーティングラインを消して、瞬間接着剤で継ぎ目を埋めて、余った分をまた紙やすりでガシガシ消して~をやった後です。
今回初めて180番のヤスリを使いました。普段プラスチロールを処理する分では400番くらいで十分ですからね。スチロールより硬いレジン素材だとこれくらい荒くないとロクに削れもしませんでした。
さて、今回肌についてはいわゆるMAX塗りで処理しようかと思います。画像はサフを吹いた後一時塗装を終えた後。いわゆる影の部分の色で染め上げた状態ですね。使用したのはガイアカラーのサーフェイサーエヴォフレッシュをサフに、一時塗装には同じくガイアカラーの054番ノーツフレッシュオレンジを使用。
Prj_DivaMiku_mizugi_07.jpg

その上から051ノーツフレッシュでやや上の角度から満面なくコート。
Prj_DivaMiku_mizugi_08.jpg

最後に、凹んでいる部分にシャドーとして054番ノーツフレッシュオレンジを随所につけてフィニッシュです。クビの下や肋骨、膝などの出っ張っている部分にやりました。
胸?こんな平らな胸では影なんて出ません(ぇぇー
Prj_DivaMiku_mizugi_09.jpg

同時進行で接着を進めてる髪。この髪、いくつもの房が束ねられてる構造なので分岐してる部分を接着しては合わせ目消して~をしないといけません。(しかも重なってる部分がある
Prj_DivaMiku_mizugi_10.jpg


関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

tag : ガレージキット 模型 T's_system 1/6 初音ミク スイムウェア WF2011冬 塗装

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://junropack.blog.fc2.com/tb.php/133-6973cc77

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

アクセスカウンター

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

JUNRO

Author:JUNRO
ゆっくり作っていきます。割りと気がつかない性分なので何か気がついたら「こうしたらいいよ!」的なのコメントしてください。

ギャラリー

tomcat_f14a_banner01.jpg

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する