Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タミヤ 1/24 カルソニックインパル&ザナヴィニスモ GT-R(R35) 制作2

日産GT-R(R35) カルソニックインパル&ザナヴィニスモ続きです。
前回シャシー側を作成した後、ボディのデカール張りをしました。全体的にのっぺりとした構成ですが、唯一ボンネットに大量のインテークがあるため、ここの処理が大変でした。「CALSONIC」のマーキングに至ってはインテーク一枚一枚にそれぞれ分割してるため、一枚一枚気をつけて貼る必要があります。ただ、このロットだけかもしれませんが、今回使用したデカールは糊が多めについているようで、水に浸してから貼れるようになるまで時間がかかるけど、位置決めするとほとんど動かなくなるため作業はしやすかったです。薄くて糊が少なめのデカールだとちょっとしたことで裂けるので頑丈なデカールはありがたいです。反面、堅いので曲面になじませるのが難しいですけど、そこはそれマークソフターを大量使用して強引に貼り付けてます。
GTR-R35_08.jpg

GTR-R35_09.jpg

GTR-R35_11.jpg

GTR-R35_10.jpg

合わせてザナヴィニスモも。ザナヴィニスモは22号車と23号車のものが用意されてますが、今回は23号車のものを採用しました。
GT-R(R35)はルーフがメッキ仕様なのですが、こことボディ側を一部のデカールがまたぐ形で貼るように指示されています。ここは部品分けできるように、一旦デカールを貼り付けてからナイフでデカールをカットしました。クリアを吹くことでメッキの光沢が抑えられるんじゃないかと思ってましたが、案外そうでもなかったようです。
しかし、カルソニック側は総計60kg分のウェイトハンデのマーキングを張りましたが、ザナヴィニスモもウェイトハンデのマーキングを貼るべきでしょうか?08年にザナヴィニスモが優勝したのが初戦および第二戦なので、初戦の時点ではウェイトハンデがないはずですが。
GTR-R35_12.jpg

GTR-R35_13.jpg

GTR-R35_14.jpg

GTR-R35_15.jpg
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

tag : 1/24 スーパーGT カルソニック ザナヴィ ニスモ GT-R R35 タミヤ デカール

タミヤ 1/24 カルソニックインパル&ザナヴィニスモ GT-R(R35) 制作1

日産GT-R(R35)二種の作成を始めました。
2008年に出場したスーパーGTのカルソニックインパルとザナヴィニスモの二車両です。どちらも同じ車両をベースにしていながらも、エアロパーツなどに違いが見てとれる機体ですね。また、GT-R勢でも有名な2チームでもあります。
特徴的なのは、カルソニックは青、ニスモは赤と対照的な色合いであることです。
GTR-R35_01.jpg
GTR-R35_02.jpg

まずはシャシーと内装類。この車両はアンダーパネルがフルフラット構造となっており、下面から見るとエンジンどころかシャフトもパイプも隠蔽されています。そのため、プラモでは完全にフラットな板状ボディに、後ろ側にわずかにディフューザーが見て取れる程度の構造になっています。
GTR-R35_03.jpg

先行してボディも塗装を始めました。カルソニックブルーはガイアカラーの004ウルトラブルーを使用。ザナヴィの赤はクレオスの158番スーパーイタリアンレッドを使用。黒はクレオスの2番ブラックを使用してますが、ブラックの上にGX110番クリアシルバーでコートし、シルバーブラックを再現しています。
GTR-R35_04.jpg

GTR-R35_05.jpg

GTR-R35_06.jpg

GTR-R35_07.jpg



テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

tag : 1/24 スーパーGT カルソニック ザナヴィ ニスモ GT-R R35 タミヤ

フジミ 1/20 Ferrari 150°Italia ギャラリー

フェラーリ150°イタリア、完成です!
相変わらずF1機体は外装が出来上がってしまうと完成が早いです。思うに、基本的にモノコック構造で、内装も簡素でインパネ類など全てハンドルまわりに集約化されているためと思われます。このため、比較的内装が簡素なGT車でさえ内装類の作成で時間を取るため、普通車よりもF1の方が完成が早いのだと思います。(普通車の場合内装の資料なども調べたりするためその時間がかかる、という点も)
今回作成したのは2011年のフェラーリ 150°イタリア。特に日本戦で走ったアロンソの車両になります。オーストラリア戦ではフロントウィング支持部には東日本大震災の応援メッセージとして「ガンバレ日本!」のマーキングが入っていましたが、今回作成したのは日本戦時のもののためメッセージマーキングは付いていません。その代わりアロンソはメットに「絆」のマーキングを入れていました。(今回の完成品にメットはついてません…)
リアウィング裏面にはイタリアの国旗カラー(トリコロール)が施され、サイドツーポーンフィンにはイタリア国旗と、イタリア統一150年を意味する「1861>2011>>」というマーキングが施されています。
タイヤマーキングはメーカーが用意した黄色(オプション)ではなくテンプレートを用いた白(プライム)で仕上げました。
Ferrari150_10.jpg
Ferrari150_11.jpg
Ferrari150_12.jpg
Ferrari150_13.jpg
Ferrari150_14.jpg
Ferrari150_15.jpg
Ferrari150_16.jpg
Ferrari150_17.jpg

ボディ側面部のマーキング拡大。非常に小さく、2cm以下の幅のマーキングなのに「1861>2011>>」という文字が読み取れます。流石にその下にある文字までは読めませんが。(「150° anniversario unita d'italia」と書かれてる)このロゴ自体は、イタリア本国が発行した統一記念ロゴらしいです。
Ferrari150_18.jpg

リアカウルは固定していないため取り外せるようになっています。内部の機械類の再現度が低いですが…(実物の内部構造を再現しようと思うといかにも手作業で貼り付けたようなチタンフィルムやダクトテープのようなもの、大量のコード類を再現する事になる)
Ferrari150_19.jpg

最後に、今まで作成したフェラーリF1マシンを並べてみました。
右から順番に、2009年フェラーリF60、2010年フェラーリF10、2011年フェラーリ150°になります。年代的に見て、年を経る事にホイールベース長がどんどん伸びてますね。それと共に、ノーズもどんどん高くなっています。コクピットの位置はほとんど変わりないですが、ノーズは伸び、フロントウィングも前進しています。
Ferrari150_20.jpg

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

tag : 1/20 F1 模型 プラモデル フェラーリ 150Italia フジミ ギャラリー

Appendix

アクセスカウンター

カレンダー

06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

JUNRO

Author:JUNRO
ゆっくり作っていきます。割りと気がつかない性分なので何か気がついたら「こうしたらいいよ!」的なのコメントしてください。

ギャラリー

tomcat_f14a_banner01.jpg

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。