Entries

タミヤ 1/24 LaFerrari 制作 4

塗装です。とっても時間がかかる作業だったので間が開いてしまいました。
まず接合部の隙間埋めです。いつもどおり溶きパテで隙間を埋めた後ヤスリがけの後サーフェイサー
この作業だけで一週間くらい使ってます。何せ溶きパテで埋める→やすりがけ→サーフェイサー→ヤスリがけ→埋める→サーフェイサー→以下略
を繰り返すためです。(溶きパテ、サーフェイサーともに乾燥時間を丸一日取っています)
lFer_021.jpg

さらに塗装下地処理が終わった後は本塗装です。ヤスリがけとコンパウンドがけを想定して何重にも厚塗りが必要です。しかし一度に塗りすりぎると厚ぼったくなって形が崩れます。角とか酷いことになります。
なので数時間置きに何度も塗りなおしてます。
これは塗装した直後です。艶ありで塗装してるとはいえまだまだつやつやには程遠いです。
使用した塗料はフィニッシャーズカラーのピュアレッドです。タミヤ指定の色はスプレー缶のものしかないのですが、エアブラシを使いたいけれどわざわざスプレー缶の中身を取り出す苦労を避けてフィニッシャーズの瓶タイプを使ってます。
lFer_022.jpg

コンパウンドがけ一回目をした直後です。かなり艶が出てきましたがまだ磨けます。磨き込みます。
ここまでで二回ほど塗装→コンパウンドを繰り返しています。
lFer_023.jpg

コンパウンド二回目が終わった後です。一回目に比べて目の細かいコンパウンドを使うことで、これでもかというくらいつやつやになります。
コンパウンドがけで重要なことはあまり力を加えずに何度も繰り返し磨くことです。むしろ力を入れると変な傷がつくのでご法度です。
lFer_024.jpg

lFer_025.jpg

同様の処置を全パーツにかけたもの。ただし一部のパーツはさらにツヤあり黒が追加されることになります。
lFer_026.jpg


フィニッシャーズカラー・ピュアレッド
フィニッシャーズ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by フィニッシャーズカラー・ピュアレッド の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




タミヤコンパウンド(細目)
田宮模型

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by タミヤコンパウンド(細目) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





TAMIYA コンパウンド (仕上げ目)
タミヤ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by TAMIYA コンパウンド (仕上げ目) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

tag : 1/24 模型 プラモデル フェラーリ LaFerrari タミヤ

タミヤ 1/24 LaFerrari 制作 3

内装やインテリア関係の作成を続けます。
エンジンサージタンクとインテリア関係を取り付けました。
サージタンクでかいです。せっかく丁寧に作ってもサージタンクのせいでエンジン側はほとんど見えませんね・・・なので私は手を抜いて配線系は作ってません(ぇ
lFer_014.jpg

シートまわり。エナメル黒でスミ入れした後、つや消しでコートしたものです。シートベルトが欲しいかも?適当なプラ板加工して非装着状態のもの再現してみようかしら。
lFer_015.jpg

ステアリングとダッシュボードまわり。ステアリングは大きめなエアバッグが入ってるもののよう。よくスポーツ用ではエアバッグの入ってない軽量なステアリングを見かけるけど、そういうのはオプションなのだろうか。
ところで作ってる間ずっと気になっていたのだが、エンジンが後ろにあるのに前にも後ろにもラジエーターがあるみたいだけど、これってもしかして前のものはエアコン専用なのだろうか?エンジンにも対応させたら車体下部(といっても通せる部分は真ん中のミッションレバーが収まる部分か、座席左右のブレーキパイプが収まってる部分になるのだが)に冷却パイプを通すことになって、かなりの重量増になると思うのだが、どうなのだろう?調べてもよくわかりませんでした。
lFer_016.jpg

ダッシュボードまわりを外したもの。はめ込みでも十分固定できてるので、ルーフがなければ簡単に外せるようにしてます。メーターはデジタル式。ステアリングの間から覗き込むタイプ。ダッシュボード上部の助手席側のスリットは助手席エアバッグだろうか。
lFer_017.jpg

lFer_018.jpg

次から外装に手を出していこうと思うので先に仮組み。カーモデルなのに結構バラバラになってるが、割りとスッポリ収まる。
lFer_019.jpg

ドアを外したところ。やっぱり狭い。
lFer_020.jpg

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

tag : 1/24 模型 プラモデル フェラーリ LaFerrari タミヤ

タミヤ 1/24 LaFerrari 制作 2

シャシーのカーボンフィニッシュを貼り直しました。また、アンダーパネルやホイールハウス周りも作成。シートは作成中のもので、まだ接着していません。
lFer_008.jpg

lFer_009.jpg

車体をひっくり返したところ。シート裏の部分にヒケが残ってますね…。まあ車体下面なので気にしません(ぇ
完成したら見えなくなるという理由で、同じようにバッテリーがシート下に入るのですが、無塗装のまま組み付けました。この車独特のもので、車体下面にレールのようなものがありますね。空気を整流して地面に吸着させるためのもの(減圧によるダウンフォース)のようです。設計思想的にはF1のそれを応用しているということで、下面から内部は完全に見えません。FRでもなければRR(フェラーリ的にはMRらしいが)だから車体下にドライブシャフトもないのでスッキリさせやすかったことでしょう。
lFer_010.jpg

lFer_011.jpg

ルーフを仮組み。ヘッドレストの高さなどから考えて、頭上の余裕がほとんどないですね。しかも狭い。まあこの手のスーパーカーやスポーツカーではしょうがないことなのでしょう。そんなこと言ったら戦車や戦闘機のコクピットなんてもっと狭いしw
lFer_012.jpg

lFer_013.jpg

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

tag : 1/24 模型 プラモデル フェラーリ LaFerrari タミヤ

タミヤ 1/24 LaFerrari 制作 1

今回作成するのはタミヤのラ・フェラーリです。高級車で有名なフェラーリが出した499台限定モデルの超高級な車です。
タミヤは3月に発表されたこのモデルをその年の11月には発売したという超スピード開発で作られているものです。
基本的に私はこの手のカーモデルには全くといっていいほど食指が向かなかったのですが、たまたま調べたこのフォルムにビビッと来てしまって買って来てしまったというものです。
lFer_001.jpg

早速作成中のものです。既にエンジンが出来上がってて、サスペンション系やブレーキ周りも作ってあります。
モノコックシャシーはいまどきのスーパーカーでは当たり前のようにカーボンを使ってるように、この車もカーボンファイバー仕様になっています。
今回はタミヤが別売りしているデカールではなく、ハセガワのカーボンフィニッシュを使用しています。オリジナルのフェラーリでは一番表層のカーボンは平織りになっているのですが、ハセガワのカーボンフィニッシュは綾織りになっているので何か間違っている気がします。でも気にしない。
できるだけシワが発生する箇所はシート下に集めているのですが、改めて見ると気になるので後で貼り直そうかと思います。
lFer_002.jpg

lFer_003.jpg

エンジン本体はつや消しアルミなのでクレオスの9番を使用。マフラーまわりやサスペンション系はSM08メッキシルバーNEXT、ブレーキ基部はSM05スーパーチタンで塗装しています。
lFer_004.jpg

lFer_005.jpg

lFer_006.jpg

lFer_007.jpg


1/24 スポーツカーシリーズ No.333 ラ フェラーリ 24333
タミヤ
2013-11-23

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 1/24 スポーツカーシリーズ No.333 ラ フェラーリ 24333 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

tag : 1/24 模型 プラモデル フェラーリ LaFerrari タミヤ

Appendix

アクセスカウンター

カレンダー

05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

JUNRO

Author:JUNRO
ゆっくり作っていきます。割りと気がつかない性分なので何か気がついたら「こうしたらいいよ!」的なのコメントしてください。

ギャラリー

tomcat_f14a_banner01.jpg

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する