Entries

シルバー実験

次の作品を作成する前にシルバー系の色の実験。
左から順番に、
・クレオス8番シルバー(クレオスMr.カラーうすめ液)
・クレオス8番シルバー(クレオスMr.カラーレベリングうすめ液)
・クレオス8番シルバー(ガイアカラーメタリックマスター)
・ガイア9番シルバー(クレオスMr.カラーうすめ液)
・ガイア121番スターブライトシルバー(クレオスMr.カラーうすめ液)
・ガイア121番スターブライトシルバー(クレオスMr.カラーレベリングうすめ液)
・ガイア9番シルバー(ガイアカラーメタリックマスター)
・ガイア121番スターブライトシルバー(ガイアカラーメタリックマスター)
・SM03スーパーアイアン(ガイアカラーメタリックマスター)
・SM04スーパーステンレス(ガイアカラーメタリックマスター)
・SM05スーパーチタン(ガイアカラーメタリックマスター)
・SM08メッキシルバーNEXT(ガイアカラーメタリックマスター)
silv_01.jpg

クレオス8番シルバー。左からクレオスの普通のシンナー、レベリング、ガイアのメタリックマスター。この色はどんなシンナーを使っても安定した質感になりますね。逆に言えばどんなにがんばってもつや消しっぽい梨地になってしまうのですが。
silv_02.jpg

ガイアの9番シルバー。クレオスのシルバーよりもやや明るめ。といってもほとんど同じ色合いですね。つや消しっぽいのもそっくり。
そしてガイアの121番スターブライトシルバー。普通のシンナーで薄めると驚くほどザラザラで全然艶がなくてなんじゃこりゃ!と思いました。ヤスリに使えそうなレベルでザラザラです。しかしレベリングを入れるとかなりツヤツヤになりました。
silv_03.jpg

そして中央のが同じ121番スターブライトシルバーをメタリックマスターで薄めたものです。シンナーひとつでこれほど変わるのかというくらいシンナーによって出来が左右される塗料ですね。メタリックマスターで薄めたものは光沢がかなり強くなるけれど、表面がややデコボコするので鏡面とはちょっと遠いです。表面をコンパウンドで研磨したり塗装前の下地を整えればもう少しツヤツヤになるかも?塗装されていない鉄やチタンの機械構造にはいいかもしれませんね。
silv_04.jpg

左からガイア121番スターブライトシルバーのメタリックシルバー希釈、クレオスSM03スーパーアイアン、SM04スーパーステンレス、SM05スーパーチタン、SM08メッキシルバーNEXT。どれもシンナーはメタリックシルバーを使用しています。一本500円近くとお高い塗料です・・・。さらにメッキシルバーNEXTは800円は近くとビックリ値段です・・・。
しかし値段分はある塗料ですね。スーパーアイアンは深みのある光沢、ステンレスはアイアンよりもやや明るい感じですね。チタンに至ってはややザラザラな感じです。ブラスト処理みたいな感じですね。うってかわって、メッキシルバーNEXTは本当にメッキみたいな光沢・反射です。コンパウンドでこれでもかと言うくらい表面処理した下地に薄く薄く重ね塗りすれば鏡面処理も夢ではないかもしれません。
silv_05.jpg

ガイアの121番スターブライトシルバーとメッキシルバーNEXT。どちらも下地処理はしていないものですが、メッキシルバーNEXTのほうがツヤツヤですね。スターブライトシルバーのほうが深みのある金属光沢です。
silv_06.jpg

本物のステンレスメッキされたものと比較。
silv_07.jpg

比較その2。凄まじいですねメッキシルバーNEXT。メッキされたものと遜色ない光沢です。シリンダーパイプや車のホイールみたいな光沢の強い磨きこまれた金属パーツだといいかもしれません。逆にスターブライトシルバーは表面処理があまり施されていない、加工後ほぼそのままの金属パーツとかにいいかもしれません。
silv_08.jpg
スポンサーサイト

ハセガワ 1/72 F-14D ACE COMBAT6 パンプキンフェイス

F-14Dパンプキンフェイスです。ACE COMBAT6に出てきたF-14Dの特殊ペイントで、DLコンテンツとして登場したHALLOWEENという名前のペイントになります。ごく普通のF-14Dなのにステルス機能がついてるというお遊びのペイントですね。アサルトホライズンではさらに凝ったペイントのハロウィーン仕様の機体も出ていました。
機体番号は028番。どうやら個体ごとにあるわけではなく、部隊番号が記載されてる模様。タリズマンもシャムロックも同じ番号になります。
武装はAIM-54フェニックスを2発、AIM-120AMRAAMを2発、AIM-9Lサイドワインダーを2発と、TARPS偵察ポッドになります。ゲーム中ではTARPS偵察ポッドは影も形も出てこないので珍しい装備かもしれませんね。
ところで、完成してから気づいたのですがパンプキンフェイスのパイロットもカボチャ色のヘルメットなのですね。後で塗り直そうかしら…

hasegawa_F-14D_pf_12.jpg

hasegawa_F-14D_pf_13.jpg

hasegawa_F-14D_pf_14.jpg

hasegawa_F-14D_pf_15.jpg

hasegawa_F-14D_pf_16.jpg

hasegawa_F-14D_pf_17.jpg

hasegawa_F-14D_pf_18.jpg

hasegawa_F-14D_pf_19.jpg

hasegawa_F-14D_pf_20.jpg

hasegawa_F-14D_pf_21.jpg

hasegawa_F-14D_pf_22.jpg

hasegawa_F-14D_pf_23.jpg

hasegawa_F-14D_pf_24.jpg

hasegawa_F-14D_pf_25.jpg

hasegawa_F-14D_pf_26.jpg

機首のカボチャ顔はちょっとひょうきんで可愛いかも。
hasegawa_F-14D_pf_27.jpg



テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

tag : 1/72 模型 プラモデル F-14 トムキャット ハセガワ パンプキンフェイス ACECOMBAT6 ギャラリー

ハセガワ 1/72 F-14D ACE COMBAT5 さくら

F-14Dさくらです。発出はACE COMBAT5のNAMED機体で、それ移行最新作のアサルトホライズンでも出ている特殊カラーの機体です。F-14の機体上面に女性用の反物のような桜柄があしらわれたペイントです。
武装は武装はAIM-54フェニックスを6発、AIM-9Lサイドワインダーを2発装備。
機体番号は016番でサンド島飛行隊ブレイズのものです。ウォードッグ隊時代のもののようで、尾翼に書かれたマーキングもわんちゃんのマークが施されています。ちなみに、003番がバートレット、007番がナガセ、008番がチョッパー、024番がグリム、211番がスノウになります。ちなみにキットには016番しかありません。他の隊員の機体を再現する場合は米軍機の番号デカールなどを用意して組み合わせる必要があります。
hasegawa_F-14D_skr_12.jpg

hasegawa_F-14D_skr_13.jpg

hasegawa_F-14D_skr_14.jpg

hasegawa_F-14D_skr_15.jpg

hasegawa_F-14D_skr_16.jpg

hasegawa_F-14D_skr_17.jpg

hasegawa_F-14D_skr_18.jpg

hasegawa_F-14D_skr_19.jpg

hasegawa_F-14D_skr_20.jpg

hasegawa_F-14D_skr_21.jpg

hasegawa_F-14D_skr_22.jpg

hasegawa_F-14D_skr_23.jpg

hasegawa_F-14D_skr_24.jpg

hasegawa_F-14D_skr_25.jpg

hasegawa_F-14D_skr_26.jpg

hasegawa_F-14D_skr_27.jpg

hasegawa_F-14D_skr_28.jpg

hasegawa_F-14D_skr_29.jpg

hasegawa_F-14D_skr_30.jpg

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

tag : 1/72 模型 プラモデル F-14 トムキャット ハセガワ さくら ACECOMBAT5 ギャラリー

ハセガワ 1/72 F-14B VF-103 ジョリーロジャース ギャラリー

作成開始から1月ちょっとでしょうか。GWがあったのでちょっと予定よりも早めに完成しました。F-14B VF-103ジョリーロジャースです。
VF-103ジョリーロジャースがF-14を配備したのは80年台前半。F-14が米軍で配備され始めたのが70年台前半なので、配備された時期自体がやや遅めです。そのため、配備当初からB型になっており、TARPS偵察ポッドが装備できるようになっていたようです。
また、VF-103がジョリーロジャースと名乗ったのは、VF-84ジョリーロジャースが解隊されてからのことで、VF-84が解隊される90年台まではスラッガーズという部隊名でした。尾翼の特徴的なスカルのペイントも、この部隊名を襲名した頃からとなります。
VF-103はその後04年にF/A-18に機体を更新。その際の記念飛行を最後に、VF-103のF-14は退役となりました。
今回作成したのはそのVF-103の隊長機、103番機となります。
武装はAIM-54フェニックスを4発、AIM-120AMRAAMを2発、AIM-9Lサイドワインダーを2発装備。増槽はつけてない状態となります。実際にはVF-103は増槽をつけたまま発進することが多かったので、増槽はつけたほうがよかったかもしれませんね。
hasegawa_F-14B_103_10.jpg

hasegawa_F-14B_103_11.jpg

hasegawa_F-14B_103_12.jpg

hasegawa_F-14B_103_13.jpg

hasegawa_F-14B_103_15.jpg

hasegawa_F-14B_103_16.jpg

hasegawa_F-14B_103_17.jpg

hasegawa_F-14B_103_18.jpg

hasegawa_F-14B_103_19.jpg

hasegawa_F-14B_103_20.jpg

hasegawa_F-14B_103_21.jpg

おしりまわり。アレスティングフックや燃料投棄口、フレアディスペンサーなどがついている。燃料投棄口は開口していない。hasegawa_F-14B_103_25.jpg

主翼基部パイロンまわり。サイドワインダーやAMRAAMが装備されている。
hasegawa_F-14B_103_26.jpg

尾翼のスカルマークと所属部隊番号などが書かれている。
hasegawa_F-14B_103_27.jpg

機首直下のカメラ。ちょっと手抜きをしすぎたか、分割線が・・・
hasegawa_F-14B_103_28.jpg

hasegawa_F-14B_103_29.jpg

最後に一番お気に入りのアングルから。機体全体は見えないけど、軍用機ならではの迫力があるかも。
hasegawa_F-14B_103_30.jpg



テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

tag : 1/72 模型 プラモデル F-14 トムキャット ハセガワ VF-103 ジョリー・ロジャーズ ギャラリー

ハセガワ 1/72 F-14B/D 3機制作 10

武装を作成していきます。AIM-9Lサイドワインダー*6と、AIM-120 AMRAAM*4と、AIM-54 フェニックス*12と、TARPS偵察ポッドを作成しました。小さいしせっかくデカールを貼ってもランチャーや機体の一部に隠れて見えないことがほとんどだけどあるとないとでは確実に違うので貼っておきます。
ちなみに、F-14B、DどちらのキットもTARPS偵察ポッド以外は同梱されていないので別キットのエアクラフトウェポンキットが必要になります。エアクラフトウェポンキットⅢにはフェニックスミサイルが6発入っているので、12発作成するのに2セット分必要になります。
AMRAAMはエアクラフトウェポンキットⅤに入っているので、これまた別キットとして揃える必要があります。特にAMRAAMは現在一線で使われている制空戦闘機では最も強力な兵器として扱われているのでF-15やF-16などを作成するときにはたくさん必要になりますね。
今回作成しているのはF-14なので、専用装備のフェニックスミサイルを主力装備として用意しました。
左から順に、AIM-9Lサイドワインダー、AIM-120 AMRAAM、AIM-54 フェニックス、TARPS偵察ポッドになります。
hasegawa_F-14s_20.jpg

作成したミサイルをパイロンに接着していきます。
hasegawa_F-14s_21.jpg

続けて衝突防止灯を作成します。このキット、なんと衝突防止灯がそれぞれ個別のパーツ化されています。1/72なので一つあたり1mm~1.5mm程度しかありません。
hasegawa_F-14s_22.jpg

そのまま切り取って取り付けようとすると紛失の危険性が高いため、テープを貼り付けて扱いやすくしちゃいます。このパーツ、パーツ自体がかなり小さいためその分重量もなく、ちょっとした風や振動であっというまに何処かに行ってしまいます。そうならないように、テープに貼り付けて扱いやすくします。
hasegawa_F-14s_23.jpg

ランナーから切り離したパーツ。これだけでもかなり小さいことがわかります。ピンセットなどでもとてもじゃないけど扱える大きさのものじゃありません。
hasegawa_F-14s_24.jpg

そして、テープに貼り付けたまま接着面に接着剤をつけて、テープごと機体にペタリ。接着剤が固まればテープのほうが吸着力は弱いので、テープだけ剥がすことができます。
hasegawa_F-14s_25.jpg

この後は、アレスティングフックやカメラ、アンテナなどの細かいパーツを接着したら完成となります。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 1/72エア-クラフト ウェポンIII の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

tag : 1/72 模型 プラモデル F-14 トムキャット ハセガワ武装 ミサイル サイドワインダーミサイル スパローミサイル フェニックスミサイル

ハセガワ 1/72 F-14B/D 3機制作 9

カメラ用三脚を購入しました。これでボケボケから抜け出せる・・・かも

コクピットまわりを作成していきます。このキットにはパイロットフィギュアがついてないので他のキットなどから持ってきます。今回使うのはアメリカ パイロット/グランド・クルーセットというものです。このキット、一つのキットだけだとパイロットフィギュアは3体、しかも操縦桿を握ってるタイプのものは1体しかないため、航空機キット毎に1キットずつ使うことになります。しかしキットの中にはパイロット輸送用バスとか酸素ボンベとか、パイロット以外のグランドクルーフィギュアとかもたくさんついているのですがこれが全て使わないというなんとも無駄なことをしています。あんまりもったいないのでそのうちレジンキャストで複製したほうがいいかもしれませんね。レジンキャストなんて一度しか使ったことないけど。
hasegawa_F-14s_18.jpg

B型のコクピットです。構成そのものはA型のものをそのまま流用していますね。一部機器が入れ替わっているだけなので、コクピット内部を見ないとわからないですね。しかしそのコクピット内部はパイロットが収まっててほとんど見えないという・・・
hasegawa_F-14B_103_09.jpg

D型のコクピットです。A/B型とは変わって、HUDなどの配置も変わっています。A/B型はキャノピーそのものにHUDを表示させているのに比べて、D型ではHUDを表示させる反射板を個別に装備しているのが特徴です。
しかしこのフィギュア、フィギュアのサイズがでかすぎるのか、姿勢が悪いのか、はたまたコクピット自体が小さすぎるのか、ちょっと窮屈です。まあ航空機や戦車のコクピットがかなり窮屈だというのはよくある話ですが。
hasegawa_F-14D_skr_11.jpg
hasegawa_F-14D_pf_11.jpg

そしてキャノピーカバー装着。中が結構曇ってたり屈折したりしてパイロットの頭くらいしか見えません。手元のコンパネとか全く見えません。いや、後ろからなら見えるかも・・・?
hasegawa_F-14s_19.jpg


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 1/72パイロット & グランドクル- セット の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

tag : 1/72 模型 プラモデル F-14 トムキャット ハセガワ パイロット フィギュア

ハセガワ 1/72 F-14B/D 3機制作 8

エンジンを作成していきます。このキットは作りの細かさを重視したためか、ノズルも6分割で生成されています。まあハセガワF-15のエンジンまわりはこれよりももっと細かいですが。(ノズル可動用アクチュエータまで分割されている)
これを右のように円形状になるように接着します。接着面が小さいので流し込み接着剤でくっつけていきました。
hasegawa_F-14s_12.jpg

これを2個3セット作成します。内部側の形状は再現されていないのでそこがちょっと残念なところではあります。
hasegawa_F-14s_13.jpg

各パーツ塗装したもの。レシピとしては、エンジン内部を除いたパーツを全て8番シルバーで塗装してしまいます。その後、ノズル側は61番焼鉄色でノズル後端に向かって濃くなるようグラデーションをかけていきます。
ノズル根本側は28番黒鉄色で中央部が濃くなるようにうっすら塗装します。黒鉄色は単色で完全に塗ってしまうとかなり黒くなって不自然になるので、あえて薄く塗ることで黒鉄っぽい色にしています。その分皮膜が薄いのでこするだけで塗装がハゲてしまうので注意が必要ですが。これに関しては前回のF-2でも同じように塗装しています。
hasegawa_F-14s_14.jpg

ノズル可動部を組み付け。ノズル内側は316番で塗装しています。実機では内側も結構細かいモールドが入っているのでちょっと間抜けになってしまってますね。
hasegawa_F-14s_15.jpg

ノズル内部を覗きこむと、内部構造とタービン終端が見えます。内部構造部分は2ピース上下分割構造なんですが、内側におもいっきり位置合わせピンが見えちゃってます。削るなりでなんとかできるかもだけど今回ここは手をつけませんでした。
hasegawa_F-14s_16.jpg

機体に組み込んだもの。ノズル左右の固定パーツがまだついてないです。パイロンや機首カメラ等を制作する際に一緒につくろうと思います。
hasegawa_F-14s_17.jpg

次はコクピットまわりだと思う。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

tag : 1/72 模型 プラモデル F-14 トムキャット ハセガワ エンジン ターボファンエンジン

Appendix

アクセスカウンター

カレンダー

04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

JUNRO

Author:JUNRO
ゆっくり作っていきます。割りと気がつかない性分なので何か気がついたら「こうしたらいいよ!」的なのコメントしてください。

ギャラリー

tomcat_f14a_banner01.jpg

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する