Entries

タミヤ 1/20 FerrariF60 制作 1

今回作成しますのはF1マシン、2009年GPに参加したフェラーリのF60です。またフェラーリか。
ちなみに、ラ・フェラーリの時と違い1/20ですが、サイズ的に完成すると同じくらいのサイズになりそうです。
ということは、同じ1/24だと違いがハッキリわかるくらい小さいんですね。モータースポーツマシンだからか、当然と言えば当然かもですが。
ferrariF60_01.jpg

早速分割やパーティングラインの目立つパーツを処理。コクピットはパーティングラインがかなり目立っていたのでヤスリがけで落とし、微妙に凹みが残ったので溶きパテで処理。
ferrariF60_02.jpg

ノーズやインテークは2ピースで分割されてるのを合わせるのですが、合わせ目がほとんどズレず見事な噛み合わせです。
ferrariF60_03.jpg

合わせ目を消して塗装したもの。サーフェイサーもかけてないのに綺麗な合わせ目となっています。
ferrariF60_04.jpg

そのままどんどんパーツを塗装したもの。後でマスキングして、つや消し黒を塗らないといけないところもあります。
ちなみに今回の赤はガイアカラーの003番ブライトレッドを使用しました。
ferrariF60_05.jpg




スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

tag : 1/20 F1 模型 プラモデル フェラーリ F60 タミヤ

タミヤ 1/20 FerrariF60 制作 2

F60続きです。
デカールを貼っていきました。
心なしか、この作業が一番楽しい気がします。ペタペタ貼っていくだけでカッコ良くなりますからね。ただの企業ロゴなのにカッコ良くなる不思議。
スポーツカーなども、プレーンなものよりもこういったレース用のコマーシャルが大量に貼られたモノのほうがカッコ良いと思うのは私だけでしょうか?
ferrariF60_06.jpg

貼っていく過程で気づいたものとして、私が知っている時代(90年台)とくらべて大分載っているロゴが変わりましたね。シェル石油のマークは昔から変わらないですが、私が知ってる時代はシェル石油のほかに、マルボロが大きなスポンサーになってました。
それが今ではAMDやacerのようなPCパーツメーカーなどがスポンサーになってるんですね。時代の流れでしょうか。Aliceというのはよくわからなかったのですが、調べてみたところどうやら欧州のネットプロバイダの模様。ブリジストンやフィアットなどは言うまでもなく、車関係のメーカーですね。
ferrariF60_07.jpg

コクピットまわり。シートとハンドルを取り付けましたが、どちらも乗用車と比べると圧倒的にシンプルなので作りやすかったです。ただ、このシートに座りたいとは思わない。ものすごい窮屈で、多分クッション性などはほとんど無いみたいですねwドライバースーツ自体がかなりクッション性に富むとは言え、お尻が痛くなりそうですw
ferrariF60_08.jpg

フロントウィングまわり。最近のレギュレーションではウィングのサイズ自体が規制されているらしく、できるだけダウンフォースを得るべく多層構造になってるみたいですね。
ferrariF60_09.jpg

逆にリアウィングは幅が小さくなっています。これもレギュレーションによるもののよう。その代わり、車体下部にディフューザーと呼ばれるダウンフォースを発生する部分がある模様。前回のラ・フェラーリの車体後部にもあったものですね。
エンジンはまだマフラーが取り付けてません。V8エンジンのようだけど小さく感じますね。
ferrariF60_10.jpg

ETIHADはアラブの航空会社の模様。本当にいろんな国の企業がスポンサーやってるんですね。
ferrariF60_11.jpg

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

tag : 1/20 F1 模型 プラモデル フェラーリ F60 タミヤ

タミヤ 1/20 FerrariF60 ギャラリー

フェラーリF60完成です!
…高級乗用車であるラ・フェラーリよりも早く、3週間ほどで完成しました。
乗用車であるフェラーリとくらべて構造的に複雑な面が多いのに完成が早かったのは、ある程度割り切ったせいかもしれません。
というのも、今回のF60は塗装した後ほとんど研ぎ出しをしてません。若干コンパウンドをかけた意外はほとんど塗装そのままです。
レベリング液を多めに使ったせいか、あまりコンパウンドかけなくてもツルツルのためこのようになった、というわけですね。
ferrariF60_12.jpg

ferrariF60_13.jpg

歴代F1カーでも珍しいサイドミラーがモノコック本体ではなくサイドポーツーンから保持されてるという不思議な構造。あまり意味がなかったのか、わずか2年しか装備されず、しかも翌年のモデルでは後期からはモノコックに取り付けとなっている。
素人目に見ても視界は広がるだろうが、後方確認をする際にいちいち左右に顔を向けないといけないだろうことは予測できるからあまり役に立たなかったのだろうか。
ferrariF60_14.jpg

ferrariF60_15.jpg

前方のフロントウィングやサスまわりと比べ、圧倒的にすっきりしているリア。レギュレーションの更新によりリアウィングも小型化されているためすっきりとしている。
ferrariF60_16.jpg

ferrariF60_17.jpg

ferrariF60_18.jpg

最後にラ・フェラーリと並べたものを。ラ・フェラーリと比べると前後長が長いですね。幅と高さはほぼ同じ。
やはり同縮尺だとラ・フェラーリと比べるとやや小さめということになるわけですね。ただ、安定性を確保するためか前後長はあまり変わらない様子。
ferrariF60_19.jpg



テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

tag : 1/20 F1 模型 プラモデル フェラーリ F60 タミヤ ギャラリー

Appendix

アクセスカウンター

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

JUNRO

Author:JUNRO
ゆっくり作っていきます。割りと気がつかない性分なので何か気がついたら「こうしたらいいよ!」的なのコメントしてください。

ギャラリー

tomcat_f14a_banner01.jpg

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する