Entries

タミヤ 1/20 MacLaren Honda MP4/7 制作1

タミヤから発売されている、マクラーレンMP4/7の制作を始めました。アルイトン・セナ氏の生前乗っていたマクラーレン時代、ホンダがF1から撤退する直前の機体です。どちらかというとMP4/6のほうがインパクトやネームバリュー的に有名ですが、90年台のホンダ最後の機体ということでこの機体を選びました。2015年には20年以上のブランクを開け、再びマクラーレンホンダとして結託して出場するので、それも兼ねて、ということです。
mp4-7_01.jpg

デカールについて、右側が純正のデカール、左側がタブデザインより発売されている社外デカールです。純正デカールはタバコ広告規制のためか、マルボロのマーキングがありません。シェル石油のマーキングもありません。これを補う形で今回用意したものです。さらに、純正デカールよりも社外デカールのほうが明るい蛍光色になっています。
mp4-7_02.jpg


まずは白に染めたボディと、モノコックフレーム、それからエンジンとブレーキです。
mp4-7_03.jpg

エンジンを拡大。ずいぶんと細かい作りのエンジンです。最近のモデルだとエンジンの開発が停止してることもあって、似たり寄ったりな形状になってしまってるため新鮮に感じさえします。
エンジン後部、ギアボックスにはサスペンションが用意されています。後部はプルロッドサスペンションですね。
mp4-7_04.jpg

モノコック…というとちょっと違う、コクピットブロック。この時代のコクピットはモノコック構造じゃないんですね。カウルの下にカーボン製のフレームが設けられています。
前部にもサスペンションが用意されています。前部はプッシュロッドサスペンションになっています。
mp4-7_05.jpg
さて、タブデザインのデカールのお陰でいろんな試合の時の表現ができます。何戦がいいでしょうかね?やはりモナコでしょうか。



スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

tag : 1/20 F1 模型 プラモデル MP4/7 タミヤ タブデザイン デカール タバコ広告

タミヤ 1/20 MacLaren Honda MP4/7 制作2

MP4/7制作続きです。ボディの塗装をしました。使用しました赤は写真に写っているクレオスの171番蛍光レッド。白はガイアカラーのEx-01 Ex-ホワイトです。更に上からつやありクリアを塗装することで、つやっつやにしています。この後コンパウンド掛けることによってさらにつやつやピカピカにする予定です。
mp4-7_06.jpg
mp4-7_07.jpg
mp4-7_08.jpg
mp4-7_09.jpg

エンジンまわりも塗装・組み立て完成。どうせ組み付けると見えなくなるけどね!
プルロッドサスペンションもプラ製なのに地味にテンションが掛かってます。大丈夫なのか、これ。
塗装はエンジン本体は92番セミグロスブラック、ミッションまわりを104番ガンクロームで塗装しました。
サスペンション本体はSM08メッキシルバーで塗装。スプリング部分をタミヤのエナメルX01番ブラックで塗装。サスペンションアーム基部は前回作成したSM01スーパーファインシルバーとSM02スーパーゴールドを1:1で混ぜたものを使用。アームやアップライトまわりはセミグロスブラックで塗装しました。
ドライブシャフトには以前カッパー実験で使用したガイアの133番パールカッパーを使用しました。
吸気バルブはアーム基部と同じくSM01とSM02の混色したものを利用。しかし12個もある吸気バルブはちょっとびっくりしますね。V12エンジン故にこんなにも多くのバルブが用意されてるわけです。最近のF1エンジンはたいていV8とかV6で、V12ではさぞすごいんだろう、的な感じがしますが、実は作動タイミングをあわせるのが難しくてV6よりも性能が劣る事があるそうです。
mp4-7_10.jpg
mp4-7_11.jpg
mp4-7_12.jpg
mp4-7_13.jpg

上記の塗装したものを仮組み。しかしこのカラーリング、マルボロのパッケージをイメージしてるのでしょうが、ウルトラマンを彷彿とするのは私だけでしょうか。
mp4-7_14.jpg
mp4-7_15.jpg
mp4-7_16.jpg
mp4-7_17.jpg


Mr.ホビー Mr.カラー 蛍光レッド 半光沢 C171 10mlMr.ホビー Mr.カラー 蛍光レッド 半光沢 C171 10ml
()
GSIクレオス

商品詳細を見る

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

tag : 1/20 F1 模型 プラモデル MP4/7 タミヤ

タミヤ 1/20 MacLaren Honda MP4/7 制作3

MP4/7制作続きです。このキット、リアウィングは一体成型になっています。正直ウィングに至ってはバラバラな状態のほうが塗装とかしやすいのでバラして欲しかったです。
今回作成しているタミヤのMP4/7のキットは、エンジンはこれでもかとごちゃごちゃさせてるのに外装部はほとんど一体成型になっているのですが、ボディもウィングもこのように射出形成されているんですね。正直リアウィングだけはバラしてほしかった。
mp4-7_18.jpg

そのため、エッチングノコギリを使用してサイドパネルとウィングを分離。こういう時、エッチングノコギリは便利です。切削幅が0.2mm程度で、切削してもほとんどそのままの形で切断することができます。…が、普通のノコギリよりも細かい分、切断に非常に時間がかかります。実際このウィング4枚を切断するだけで2時間かけてしまいました。疲れた…。
mp4-7_19.jpg




リアウィングに着色した後、マーキングを実施。手元にある資料を見てわかったのですが、この形状のリアウィングを装備してたのはドイツ戦、ベルギー戦、イタリア戦だけでした。上部の板が2枚構成になっているもので、設定角度が浅めのローウィングなんですね。角度深めのハイウィングでは上部の板が3枚構成になっています。両方用意してほしかったなあ…。
mp4-7_20.jpg

上記の関係から、今回のマーキングはイタリア戦を再現。マルボロマークあり、コクピットのサイドには車載カメラが搭載されていない状態になります。現在のF1では全車両にカメラが搭載され、しかも3箇所に設置しているのに対し、当時のF1ではコクピットに一つのみで、しかもレースによって装備されたりされなかったり、他のチーム間で撮影する順番がローテーションされていたのです。
mp4-7_21.jpg

コクピットを拡大。かなりはっきりしたマーキングですね。写真写りがかなりいいです。
mp4-7_22.jpg

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

tag : 1/20 F1 模型 プラモデル MP4/7 タミヤ エッチングのこぎり デカール マルボロ タバコ広告

タミヤ 1/20 MacLaren Honda MP4/7 制作4

MP4/7制作続きです。
このキットのシートは割りとリアルな造形のシートベルトがあらかじめ用意されています。が、逆にシートベルトの彫刻がないシートは用意されてないんですね。
なので、ここらへんはゴリっと削っちゃいます。凹んでいる形状のところにあるため金属ヤスリが使えません。なので、リューターを使ってゴリゴリ削ります。
mp4-7_23.jpg

削った後、塗装しシートベルトを取り付けた状態。残念ながら作業途中の写真を撮り忘れました。シートベルトをとりつけちゃうのでそこまで綺麗に削ってません。
とりあえずこうやって取り付けた状態でも目立たないので、問題ないかなと。
mp4-7_24.jpg


mp4-7_25.jpg
mp4-7_26.jpg

分解したリアウィングを再度組み立て。
mp4-7_27.jpg

今まで作成したパーツを組み立て。もう大体完成が見えてきましたね。ボディをつけてしまうとやっぱり中身が見えなくなってしまうけど。
タイヤマーキングはエッチングのものを使用。タミヤはブリジストンタイヤ以外のマーキング用エッチングテンプレートは用意していないので、社外品のものを使用。個人的にタイヤマークはマスキングを使用した塗装なのですが、どうなんでしょう。普通のデカールのほうがいいのでしょうか?
mp4-7_28.jpg

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

tag : 1/20 F1 模型 プラモデル MP4/7 タミヤ

タミヤ 1/20 MacLaren Honda MP4/7 ギャラリー

マクラーレンホンダ MP4/7完成です!
こうやって古いモデルを作ってみると、改めて技術の進歩を感じますね。近年のサイドカウル下にくびれや、3次元的形成が全くないまさに箱って感じのボディにはどこか古臭いと同時に当時の黄金時代を彷彿とさせます。
ボディは近年の前後長がある間延びしたマシンと比べると小さく感じますが、タイヤが結構幅をとっているため最近のマシンとくらべるとだいぶ大柄な印象を与えます。幅があるっていうことは、当時のレースは今のレースよりもオーバーテイクが難しいんでしょうね。
ちなみに今回は結局イタリア戦のセナ機として仕上げました。高速仕様のローウィング、マルボロマーキングはそこかしこにありの状態で、特にリアウィングは小さめのマルボロマークが横に二枚並んでいる仕様です。
mp4-7_29.jpg
mp4-7_30.jpg
mp4-7_31.jpg
mp4-7_32.jpg
mp4-7_33.jpg
mp4-7_34.jpg
mp4-7_35.jpg




テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

tag : 1/20 F1 模型 プラモデル MP4/7 タミヤ ギャラリー

Appendix

アクセスカウンター

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

JUNRO

Author:JUNRO
ゆっくり作っていきます。割りと気がつかない性分なので何か気がついたら「こうしたらいいよ!」的なのコメントしてください。

ギャラリー

tomcat_f14a_banner01.jpg

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する